トルコリラの取引で注意すること

  • トルコリラの特徴とは

    • トルコリラは新興国として知られるトルコで使われている通貨ですが、以前は新トルコリラとも呼ばれていました。なぜ新という言葉が付くのかというと、トルコ政府が2005年にそれまでのトルコリラを廃止して、通貨の単位を切り下げて新しい通貨として発行をしたからなのです。



      新通貨として発行し直した背景にはトルコのハイパーインフレがあります。



      トルコは90年代半ばにインフレ率が100%を超えるなどして、ハイパーインフレの状態となってしまいました。それにより2004年の段階では最大で2000万にも及ぶ通貨が発行されるなど深刻な事態となっていました。このハイパーインフレの打開策として打ち立てられたのが100万トルコリラを1新トルコリラとする新通貨です。

      @niftyニュースに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

      このような背景によって実質的な通貨切り下げを行うことができたトルコですが、今現在は高金利通貨としても注目がされています。
      トルコはハイパーインフレによって新通貨を発行、それにより通貨切り下げを行うことができたのですが、先進国などと比べると、依然として高水準のインフレ率となっていました。そこで新たにトルコ政府が打ち立てた政策が、通貨の金利引き上げです。トルコ政府の政策金利の推移を見てみると2014年に主要性s買う金利である1週間レポレートを4.5%から10%へと大幅に引き上げています。

      このような背景によって高金利通貨となっていき、長期運用によって利益を得たいトレーダには最適の通貨をして注目されるようになりました。